毎朝の習慣にグリーンスムージー

4年位前から美容の為に続けている習慣があります。
市販のものではなく、朝自分で作ったグリーンスムージーをかかさず飲む事です。
始めはダイエットの為に気軽に始めたのですが、グリーンスムージーの効果は体重が減るというよりも、肌や体の調子が良くなるのを実感したのでもう4年も続けられています。

 

もともとのダイエットというのは、あまり私には効果が感じられなかったのですが、肌の調子はとても良くなりました。
飲み始める前は便秘になることが多く、その為か肌のトラブルもとても多かったのです。
すぐに吹き出物ができたり肌も透明感が無い感じでした。

 

飲むのが習慣になってからは、便秘が解消され肌のトラブルがかなり減り肌の色も良くなっていきました。
グリーンスムージーを作るのは面倒というイメージもありますが、習慣になってしまうと当たり前になるので今日は何で作ろうかななどと楽しく続けられています。
肌の調子や体の調子が良くなるのを実感しているのでこれからも続けていきます。
20年ほいっぷ

 

 

 

30歳を過ぎてから明らかに肌質が変わってきました。
潤い不足なのか、何をしてもしっくりきません。
お肌がパサパサなので、化粧ノリも悪く、実年齢よりも老けて見られることが悩みでした。

 

そんな時、美容雑誌で美肌の秘訣は保湿だと書かれていました。
それ以来、保湿第一にケアしています。
簡単に保湿できるのはシートパックです。

 

これを使い出してから、みるみるお肌が変わってきました。
使用後、ふっくら、もっちり、しっとりするのです。
その後はクリームや乳液でフタをするだけのシンプルケアですが、以前とは比べものにならないぐらい美肌になりました。

 

透明感も出てきたので、友人達にも何を使っているのか聞かれることが増えました。
お化粧ノリも良く、化粧崩れもほぼしません。
保湿さえしっかりしていたなら、誰でも美肌になれると思います。

 

先日、いつも行くドラックストアで肌診断をしてもらいました。
全ての項目が実年齢よりも20歳以上若く、美容部員のお姉さんにも驚かれました。
相当お肌のお手入れを頑張っているのではないかと聞かれ、とても嬉しかったです。

 

だたシートパックを使っているだけです。
安い物でも効果は十分あります。
是非試して欲しいです。

 

 

 

細身の体型を維持するために、もう20年以上ひと口30〜40回以上噛んで食事をするようにしています。
咀嚼回数が多いと自然と食べるスピードも遅くなるので早食いを防ぐことが出来ますし、脳の満腹中枢が刺激されるので早めに満腹感を得ることが出来て食べすぎも防ぐことが出来ます。
また沢山噛むことで胃の消化も楽になります。

 

実際、少量でお腹がいっぱいになりますし、激しい運動などはしていないのに20年以上細身の体型をキープしているのでダイエット効果は高いと実感しています。
また食べる順番にも気をつけています。
いきなり吸収の良い炭水化物から食べてしまうと太りやすくなってしまうので、野菜などのサラダから食べ始め、次にスープや味噌汁などの汁物、肉や魚などの動物性たんぱく質のおかず、最後に炭水化物を食べるように心がけています。

 

この順番で食事をすると、サラダやスープで空腹感が抑えられるのでドカ食いを防ぐことが出来ます。
私の場合、炭水化物がいらないくらいお腹が満足する場合も多く、栄養バランスを崩さずに無理せず糖質制限も出来てしまいます。
食べ方を工夫するだけでお金もかからないダイエット法ですし、どちらも実際に効果を実感しているのでこれからも続けていき、いつまでも体型を崩さずにキープしていこうと思っています。

 

 

 

出産を機に自分の時間が劇的に減りました。
お風呂上りは子供の着替えに、歯磨きに、次の日の保育園の準備にと奔走。
出産以前のお肌のお手入れタイプなどとれません。

 

最低限のケアしかできないのですが、昔、美容家のIKKOさんが、「美容の基本はとにかく保湿。
お風呂上りは無防備ですから、お風呂上り3秒以内に保湿しないとダメよ。
」とおっしゃっていたのを聞いて、以後、保湿だけは早急にしています。

 

さすがに3秒は無理な事もありますが、お風呂からあがったらまず化粧水を即座にぱしゃぱしゃ。
乳液のポジションで保湿ジェルを使ってるので、化粧水後即塗っても浮かないので、間をおかず、保湿ゲルぬりぬり。
それから子供を追いかけるようにしています。

 

たしかに、お風呂上りの後、完全に肌が乾いてしまうと、化粧水の浸透が悪く感じることがあるんですよね。
ふいてはいるけど、お風呂と蒸気の水分でお肌がちょっとふやけた所で攻撃が効果的なのかも。
実践以後は大人ニキビの出現がほとんどなく、調子が良いです。

 

 

 

童顔の為にずっと年齢より10歳若く見られてきました。
今から10年前までは何もしなくて、ただ喜んでいただけで肌のはり何もかも気にしなくてすみました。
ただ、今は10歳若く見られている自分が逆にプレッシャーになって肌の状態をとても気になるようになりました。

 

コマーシャルで白くなった肌に歓声があがっているとその美白クリームを購入したり、とにかくなんでも試してみました。
今やっと気がついたのが身体の内面から気を付けないとダメということでした。
仕事で不規則なのでなかなか食事をきっちりが難しいので、まず第一に甘い糖分たくさんの飲料を毎日飲んいたのを、お茶と紅茶に変えました。

 

それだけで身体がすっきりしてきたように思えます。
食事の時には野菜ジュースをとるようにし腸もすっきりしてきました。
腸がよくなったことで肌の調子が良くなりました。

 

内面が少しずつ良くなっていると実感していたので、今度は小顔マッサージに通うようにしました。
顔から頭部まで30分マッサージしてもらうのを2週間に1回のペースで通っています。
週に1回のパックも始めました。

 

今まで化粧品も気にしていなかったのが、肌の調子がよくなるとどんどん効果の高そうなものと探すようになりました。
今は10歳若くみられても恥ずかしくないと思えるようになりました。

 

 

 

肌に良い栄養と言えばビタミンCやコラーゲンなどを思い浮かべますが、私はタンパク質を摂ることを心がけています。
タンパク質は、私たちの身体を作っている主な成分の一つです。
もちろん肌も同じなのですが、摂取されたタンパク質はまずは内臓の修復などに使われます。

 

生きていくのに重要な部分から使われていくという事です。
なので、不足すれば肌の修復が十分に行われないという事になります。
できるだけ三食ともタンパク質を摂るように心がけ、今までは朝はシリアルなどで簡単に済ませていたのですが、これではいけないと思い、卵やチーズ、豆腐なども食べるようになりました。

 

食欲のない朝はオレンジなどの柑橘系のジュースと豆乳を混ぜたものを飲んだりもしています。
ビタミンも摂れるし、ちょっとヨーグルトドリンクみたいで美味しいです。
私は身体に合わなかったのですが、てっとり早くタンパク質を摂るにはプロテインもいいようです。

 

大豆から作られたプロテインなら太る心配もないそうです。